どこまで解決できる?

7月 10, 2017 · Posted in · どこまで解決できる? はコメントを受け付けていません。 

企業にとって、今後の対策というのは重要なものだ。これから、更に売上を伸ばさなくてはいけないとい状況の場合には、「どう動けば、プラスになるのだろうか」と思っていることだろう。そんな時、データマイニングを活用することができれば、「知りたい情報を得られるのでは?」と思ったこともあるのではないだろうか。
では、実際にデータマイニングではどこまで解決することができるのか紹介しよう。

そもそも、企業はどういったことを知りたがっているかというと、今後、商品がどのくらい売れるのか、今後どういったことに力を入れれば良いのか、将来はどのくらい売れる存在となるのか、商品はどのように評価されているのか、などではないかと私は思っている。これは、あくまでも商品に関する情報だ。
それに加え、どんな年代の人が購入しているのか、どういった商品と購入しているのか、地域的にはどこが売れているのか、といった顧客に関する情報も得たいと考えているはずだ。マーケティングをしている人にとっては、当然これらは知りたい情報と言えるだろう。
これらの情報は、データマイニングを活用することで得ることができる。推定をしたり、抽出をしたり、分類をするなどして、これらの知りたい情報を得ることができるだろう。傾向により、将来の予想までできるというのはマーケティングにとっては嬉しい情報と言えるだろう。

このように、データマイニングでは様々な情報を得ることができる。これらの情報を得ることができれば、マーケティング時にも手間を省くことができるし、これからどう動いたら良いのか判断することもできるだろう。効率的は販促、営業などができるようになれば、余計な経費を抑えることもでき、更なるプラス効果を得ることが期待できるだろう。