どういうところに苦労する?

7月 12, 2017 · Posted in · どういうところに苦労する? はコメントを受け付けていません。 

データマイニングとは、顧客1人1人が深く理解しながら企業との良好な関係を長期的に続ける手法や戦略をサポートする技術のことである。企業によって集められた大量のデータを分析しその中にルールやパターンを見つけ、マーケティング助けるための統計学的な方法とも言える。
一見とても良いツールのように思うかもしれないが、そこには膨大な苦労があったのだ。

データマイニングで集められるデータの中には、とうてい使うことのできないデータや使うことができるのかできないのかわからないようなデータも混ざっていることが多々ある。まずはこれらの不要なデータを取り除くことから始まるのだが、この業務に全体の80パーセントほどの時間を費やすことになるのだ。ようやくデータが整理されたとしても、次は様々な工夫を凝らしながら価値のあるデータを選ばなければならない。
では、選ばれたデータはどのように役立つのだろうか。

分析されたデータは顧客について知ったり、商品について知るという、マーケティングにおいて重要な役割を担っている。
例えば商品については、今後力を入れるべき商品は何か、新商品の評判はどうかなど、企業の向上につながる情報を手に入れることができるのだ。一方顧客については、この商品を求める顧客はどのような人か、商品から離れつつあるのはどんな顧客かといったところだ。

このような問題を解決するのがデータマイニングの本質でもある。データの処理をどのように早く行うことができるかが今後の課題となるだろう。